瓶のラムネ

先日、スーパで懐かしいものを販売しているというので、興味を持って出かけることにしました。するとそのスーパーでは、昔に販売していたものをばかりを取り揃えて販売しているのでした。

その中の一つに、便に入ったラムネがありました。そのラムネを見た時、私が小さい時に、よく飲んでいたと思って懐かしい気持ちになり、購入することにしました。

そのラムネは、毎日飲んでいたと思います。それを飲むことによって、甘酸っぱい刺激を感じることができて、子供ながらにとても満足感を得ることができたのです。

またその他としても、懐かしい駄菓子があって、その中からいくつか購入して食べることにしたのです。

そして早速自宅に帰った時、懐かしいラムネを飲むことにしました。それを開けると、ラムネの甘い香りがそこらじゅうに立ち込めます。その香りを楽しんだあとは、一口飲んでみました。すると、懐かしい記憶がよみがえってきて、なんとも言えない気持ちになることができました。

看護師 年収高額求人ナースサーチ

 

旬の香りを求めて

最近道を歩いていると、甘い香りに誘われることがあります。

その香りの正体を確かめるべくたどっていくと、いつも黄色い花が愛らしい金木犀が咲いています。

 

金木犀はアロマでも売られていますが、アロマではあの甘い香りが全く感じられないようです。

これを初めて知った時は意外で驚きました。

つまり香りを楽しみたいときは、精油ではなく植物の状態で楽しむことが良いようです。

 

そんな金木犀の甘い香りには不思議な効果があります。

金木犀の香りに寄ってくる虫は、アブしかいないそうです。

 

他の虫も寄ってきた方が花としては効率よく受粉ができそうですが、あえてアブのみにした方が逆に受粉しやすいそうです。

確かに他にもきれいな花がたくさんある中、金木犀が同じことをしていては埋もれてしまいます。

アブが他の花に見向きもしない勢いで金木犀に一直線であれば、確かに確実かもしれません。

 

色んな効果のある金木犀ですが、私は乾燥させて入浴剤にして楽しみたいです。

旬の香りを旬な時期に楽しむ事はなによりも贅沢だと思いました。

ルアー専門の陰干し場を作成しました

秋のシーバスや青物の本格的なシーズンインに備えて、部屋の一部を釣行後のルアーメンテナンスに適した状態に作り変えてみました。とはいっても作業は非常に簡単なもので、部屋の隅に要らなくなったエレキギターの弦を張り、ルアーのテイルフックを引っ掛け吊るせる様にしたのです。

釣行後べったりと塩を被ったルアーは早目に水洗いしないと、フックやリング、アイといった金属部分がすぐに錆びてきてしまいます。それを防ぐために数時間水を張ったバケツに放り込み、時折流水で塩抜きをする訳ですが、これまでは陰干しする場所が無く、適当に棚の隅に引っ掛けておくだけでした。

ところが釣行回数やルアーの数も飛躍的に増え、専門の陰干しスペースを設けないとまずいという事になり、この様な干し場所を設けた訳です。

この結果、ルアーの乾きも早くなり、錆の劣化も殆ど無くなりました。今までは床面に直接置いたままのケースで錆を増やしてしまうケースもあったのですが、干し場所でしっかり乾かせばもうその様な心配もありません。

天体ショー

今日もお天気は昼間とてもよかったのですが昼を過ぎたころから急に曇りはじめてしまいました、なんでも今日は珍しい皆既日食の日ということで一番の見ごろは19:25ごろだと言われています。そうしたイベントがあるとなんだかそわそわしてしまう私なのですが丁度その時間は大事な用の真っ只中ということもあり時間をずらしてみようか今考えています。

20:00ごろになると完全にお月様が消えるのか、それとも真っ赤になるのか詳しいことはよくわかりませんが、そのくらいだと時間にめどがつくためそれを見ながら用を早めに切り上げようかとも考えていたのですが、見ごろがもう30分早いとなりますと私にとっては少し中途半端な時間になってしまうので微妙なところです。

今週は金曜日にも同じ用があるのですが、別の予定が入ってしまっているのでなるべく今日はそちらへ注力したいと考えていたところなのですが、何年に一度とか聞いてしまいますとついついそちらへ気がいってしまうのが本当のところです。

美味しいレトルト調味料

私は最近、おかずつくりに悩んだ時に、レトルトの調味料を利用することにしています。そのレトルトの調味料というのは、それを使用することによって、あとは野菜や肉を入れると、とても美味しいオカズを作る事ができるというものです。

その調味料は、もうすでにそのレトルトのパックの中に、全て入っているので、本格的な味を失敗することなく作る事ができます。

そのレトルトパックで作っていることを内緒にして、主人に食べてもらったところ、そのおかずについて、味がしっかりとしていて、とても美味しいということでした。

そのため、それをよく使用することにしています。

またそのレトルトの調味料を使用することによって、覚めても美味しく食べる事ができます。ですから、お弁当のオカズを作るときも、とても便利に使用することができるのです。朝の慌ただしい時に、あれこれと考えることなく、調理をすることができるのは、時間短縮になって、とても助かっています。

携帯電話の音で起きる

私は朝に起きるとき、ぐっすりと寝ているので、自分で起きることができません。そのことから、携帯電話のアラームをセットして起きることにしているのです。しかし、その音については、あまり激しい音量は必要ないと思っていますので、微かに聞こえる音量としています。

そしてその音の種類としては、自然の中で目が覚めるという感じにしたかったので、鳥のさえずりの音にセットをしています。すると、その音で目覚めることによって、とての爽快な気分になることができます。

その音を聞いたとき、私は十分起きることができると思ったのですが、私の子供たちは、絶対起きることができないと思っているようです。それは子供たちは、私よりも眠りが深いと思いますので、そのような些細な、しかも鳥のさえずりという、微かな音では起きるはずがありません。

子供の携帯電話のアラームは、サイレンの音にセットをしているようです。その音を聞いたとき、もしも私だったら、飛び起きると思ったことでした。

この頃はファッションにも色々素材があって

これって普通の紙のバックではないよね、ということもあります。加工の技術が進歩して、色々な素材がファッションの世界に登場してきています。

もともと、コットンはファッションの世界で使われるものなので、それ自体は珍しくない物ですが、それが海の物に代用されるとは、昔なら

考えつかなかったことでしょう。誰が見ても写真ではパールです。ファッションバザールだから、安いのだと思って見たのですが、それにしても

安すぎるので、よく細部を見てみると、コットンパールと書いてあります。

もちろん、素材はコットンだと言うことで、本物のパールではありません。しかし、このパール、私も大好きなもので、光沢もよく、何と言っても

軽いのです。首にも負担がかからない、繊維と相性が良いに決まっているので、大変使い勝手が良い物です。

そう言えば、グラスパールというものもあります。知らない時は、パールの一種かと思っていましたが、グラスですからガラスです。

装飾品も進化して行っています。

栃尾の油揚げは普通のものとは違った

昨日の夕食は油揚げにネギと納豆を乗せたものです。

母がしきりと風邪気味の妹に進めていたのでそのネギは風邪対策だったのでしょう。

納豆がこぼれるので食べるのが面倒くさい料理でしたが、珍しいということもあって中々美味しかったです。

 

その油揚げは普通のスーパーに売っているものではなく、両親が栃尾という場所に行ってきたお土産で、栃尾の油揚げは非常に有名だと父が力説していました。

検索してみるとその有名さはよく分からないのですが、栃尾という場所ご自慢の一品なようです。

なんでも揚げた後に串に刺して並べることで油がしっかり抜けるそうで、たしかにさっぱりした食感だったのを思い出しました。

 

一人暮らししていた頃、味噌汁に入れる油揚げをよく買っていましたが、そういえばあれは非常に油ベトベトでした。

それを思うと昨夜食べた油揚げはたしかに手間隙かけてあるのを感じます。

そういうわけで、日本最高峰の油揚げを食べれた貴重な体験だった、ということにしておこうと思いました。

人間関係は複雑です

嫌な人でも会社関係の人とは話します。そうしないと仕事になりませんので(苦笑)。でも、不思議な物でこちらが普通に話していると向こうもスムーズに話してくれます。

 

あまりハナから「この人は」と言う先入観は持たない方が良いと思いました。一番慣れて来たのは、人が人の悪口を言ってこちらに同意を求めて来る事が有ります。

 

その場合は笑ってごまかして、返事はしません。下手に同調すると、その人は変な噂を立ててこちらを窮地に追い込むので(苦笑)。

 

会社では基本的に人との関わりは持たない方が良いと思いました(苦笑)。もうそう言う時代なのかも知れません。人との軋轢が有るので、会社の人とのお付き合いは仕事だけです。

 

プライベートでは決してお付き合いはしない様にしています。会社や人ははっきり言って牙を剥いて来ると怖いですし厄介です。

 

やはりお付き合いは避けた方が良いかなと思っています。あくまで、表面的なお付き合いが出来ればそれに超した事は無いです。それだけ複雑になっています(苦笑)。

手軽に手作りしてみませんか

最近私がハマっているのが、簡単手作りおやつです。自分が不器用だからっていうのもあるんですが、簡単にできておいしいお菓子が作りたいと思ったのです。

同じように簡単レシピを考案している人は沢山いて、クックパットが私の愛用サイトなんですが、よく参考にさせてもらっています。

私がおやつを作る時に決まって使うものがあるんです。それは、ホットケーキミックス(HM)です。これを使うと粉の計量が楽なのと、ベーキングパウダーを買わなくって済むからです。凝ったお菓子が作りたくなったら購入したりするのですが、普段はHMを使っています。

 

結構皆さんいろんなお菓子を作っていて、私はケーキもクッキーもチャレンジしました。

手軽に作れるのですが、やはり味はワンパターンになりがち。いつも同じ味がすると飽きるので、たまにはジャムや抹茶、ココア味にしてみたり果肉を入れてみたりと試行錯誤。考えている時が1番楽しいんです。

最近ついにアタリレシピを見つけたんです。厚めに作るとふわふわで、薄く焼くとサクサクになるんです。私のお気に入りのベースができたので、これからはこれに自分なりのアレンジを加えて楽しみたいです。